グリーンスムージーのデメリットも理解することでより効果アップ!

グリーンスムージーは、毎日忙しく過ごす現代人にとって栄養面をバランスよく摂取できるため、美を追求する女性を中心に人気になったスーパードリンクです。

 

野菜と果物をミキサーにかけたこのドリンクは、健康意識の高いかたにも支持を受けており、カロリーも低いことからダイエットなど、新しいライフスタイルをつくる食生活のきっかけとして取り入れるかたも多くなっています。

 

しかし、メリットも多い反面、デメリットもあるのが世の常。良い点も悪い点も理解してこそ、グリーンスムージーの効果をより発揮できるというものです。そこで、デメリットや気をつけたい注意点をご紹介します。

 

デメリット
手間がかかる
グリーンスムージーをいざ作ろうとすると、結構手間がかかるんです。野菜や果物を切らないといけませんし、ミキサーの掃除もしなければなりません。朝の忙しい時間帯だとちょっと大変かも。

 

コスト面の心配
ミキサーにかけるべき野菜や果物は、意外と料金がかかってしまいます。普段食べない野菜なども入れると、その都度購入しないといけません。

 

酸化の心配
野菜は空気に触れることで酸化が進みます。すると大事な栄養素が破壊され、味や風味も変わりやすくなってしまいます。そのため、朝飲もうと思って前の日の晩に作り置きしておくことができません。

 

 

粉末状のグリーンスムージーがおすすめ
このように手作りのグリーンスムージーにはデメリットもあるんですね。新鮮さを非常に重要とするスムージーは、飲む分だけつくるということが大切!

 

初めは真新しさでスムージーをつくるのが楽しく感じるかもしれませんが、毎日続けていくと、どこかで大変だと気づくかもしれません。

 

そこでおすすめなのが粉末タイプのグリーンスムージーです。水などと粉末をシェイカーで混ぜ合わせることで、すぐに飲むことができますし、栄養面や腹持ちも計算されています。

 

更に見た目は緑色なのに、苦さは一切なく、フルーツフレーバーで美味しく飲むことができるんです。大事なコスト面でも1杯が100円以下なのに、多種多様な野菜や果物の栄養を摂ることが可能です。

 

もし、挫折の心配が少しでもあるのなら、手軽な粉末タイプのスムージーもいいかもしれませんね!